計算ドリルのサイト
かみのドリル

2111855

星の動きについてのドリル

概要

北の空の星の動きを練習します。

地球の自転と公転の影響で、北の空の星を観測すると、 1時間で15度、1か月で30度だけ反時計回りをすることになります。 日付も時刻も違っている場合は、それぞれの合計分ずれます。

たとえば、1月午後6時の空の様子から、3月午後10時の空の様子を答える場合、

となるので、1月の星を120度反時計回りにしたところに見えるはずです。

経過

2009-9-2 作成
作成しました。

PDF

問題 解答 閲覧
星の動き(北の空)解答3262

続編

解説をつけようと思います。

メニュー

最近の更新


関連する項目
月の形と方角についてのドリル

月の形・時刻・方角について練習します。
星座と1等星の暗記ドリル

星座と1等星の対応を覚えましょう。