ツイッターは命の無駄(おそらく4回目)、からの、おすすめ情報

またブタの餌みたいな店屋物の写真をアップしてツイートしてるざますか。買い食いしていいのはビスコとプロビオヨーグルトだけだってあれほど言っただろう。ツイッターは時間の無駄すなわち命の無駄だっつうのに、そのうえ食事もろくなもん食ってないなんて救いようがないぞ。

俺をはじめとして、勉強しか取り柄がない塾講師予備校講師はデブが多いから、健康面は人一倍気にしないといけないんだ。酒飲んでる場合じゃないんだぞ。

わかったら女子受け狙ったコンビニスイーツに関してのツイートもやめて、お昼は握り飯にしよう。コンビニのツナマヨじゃないぞ。家で握ってくるんだ。こんぶとおかかで決まりだ。

 

ああそれで今日は、計算ドリル以外のねらい目ドリルの話を持ってきたんだ。どれも俺には作れないから、これからサイトをはじめるはずの君と競合しないようにと思って教えるよ。

 

1.漢字ドリル

これは需要ありまくりですぞ。ほかのサイトさんには作ってるところもあるようだが、彼らと真っ向勝負できるぐらいの漢字の知識を君はもっているはずだ。

学年ごとに内容がはっきり決まっているのもいいね。検索に当たりやすい。

 

2.歴史並べ替えドリル

これは俺も作ったことがある。入試問題ネタにして並べ替え部分だけ利用しただけだが。知識がなくて下手なこと書けないので、もう作らない。

このキーワードで検索してたどり着く人が一定数いる。年号だけではなく、歴史の大きな流れに関してのものを作れるならぜひやってみてくれ。

これは他ともあまり競合しないと思う。かなり強力なコンテンツになるはずだ。

 

3.点をつなぐドリル

これは意外だが、かなり人気が出るぞ。点をつないで絵が出るとか、うっすらひかれた線をなぞっていく教材を見たことがあるだろう。

対象は幼児のみと見せかけて、お年寄りも含まれるというのがポイントだ。手を動かしたり簡単な計算をしたりすることが大事らしい。教科の知識はほとんどいらないから、専門知識がなくても作ることができるだろう。

反面、イラスト主体なので量産は難しいかもしれないな。

 

4.英文法、語法

センター試験の序盤に出てくるような問題のことだ。元ネタはセンター試験をそのまま引用して使えばいい。解説をつける際に英文法の詳しい知識が必要になるな。俺無理。

これは需要に関してはどの程度あるか不明だ。英語関係の教材探す人はうちにはほとんどこないからね。とはいえ現実に一番選ぶ人が多い科目だから、需要はかなりあるはずだ。

 

以上。これ以外にも考えればいろいろあるが、大まかにいうと、知識を問う問題をランダムに出題して練習したい人が多いという事だ。入力したデータを並べ替えるということなら、やはりプログラミングができるとドリル作成には有利だろう。

 

これでおわりでっす。またね。

まだツイートなんかしてんのかこのやろ

また買ってきた本の写真撮ってアップロードしてんのかこのやろ

もうそういう時間というか命の無駄遣いはいいから、お前もドリル作ろうぜ。

前回はワードでっていったけどやっぱTeXでやろうぜ。奥村先生の本があるといいな。一人10冊買え。買ったら配れ。写真撮ってツイートだ。アマゾンレビューも忘れるな。読み終わったら読了ツイートもしろ。

まあぶっちゃけ、そんなに読み込まなくても計算ドリルレベルならすぐつくれるようになる。論文書くための機能が大半だからね。

わかったらとっとといけ。走れー!!!!

 

解答の不備(問題文の不備)

解答の不備というか問題の不備を見つけていただきました。

倍数変化残の教材の一部は答えが無数にある状態になっています。

前もこんなの連立方程式のやつであった。初期に作ったものは不備が多い気がする。そこからたくさん作って慣れた部分もある。

なるべく早くに直そうと思いますが、ちょうどいま新しい方式でドリル作る実験中なので、その練習にしようと思います。修正まで何日かかかるかもしれません。

ちなみに、見た目は全く変わりません。作るプロセスが違うってだけなので使う人には関係ないかな。

SNSは人生の無駄(3回目ぐらい)、からの、啓蒙活動

なあ、SNSでいくら吠えても誰も一般人の話なんか聞いてくれないんだぞ。何食べたどこ行ったそれがどうした。それ本当は誰も読んでねえぞ。

君はもっと役に立つ情報を発信すべきだと思うぜ。無駄な時間を削ってさ。

かといってキュレーション気取って他人のふんどしで相撲取るのもダサくてかっこ悪いよな。NAVERまとめだと?直リンするなって書いてんだろ。教材のSNSつくりました転載させてください?仕事でやってんならもうすこし苦労したらどうなんだよ。俺のメリットないだろそれ。

話がそれた。

なあ、ワード持ってるか?オフィスのことだ。その中のMicrosoft Word。あれでいいんだ。最近のやつは数式きれいに出せるからな。

それでまず足し算のドリルワーク作ってみようぜ。そうだよ、君が作るんだ。

しばらくやってると、こんなの5ページも10ページもやってられねえってなるんだ。あるいは解答作るのがめんどくさい、とかな。解答間違ってたらそれを使った人が困る。まともな感覚持ってたら耐えられないよな。健康関連のキュレーションサイトの騒動見る限り、そういうの持ってない人もいるみたいだけどな。同じ人間とは思えないね。

話がそれた。

作業の自動化の必要を感じたら、次はプログラミングだ。ワードにもエクセルと同じようにVBAっつうややお気楽に書けるのがあるから、それを使って自動で足し算ドリルができるようにしてみよう。答え合わせももう必要ない。最初の1枚がちゃんとしてれば残りもほぼ大丈夫だろう。こうなってくると枚数も自在だ。10枚を100枚にしたってほとんど作成時間は変わらない。

足し算ができたら引き算も掛け算も割り算も似たようなもんだ。どんどん追加しよう。そんなのがそこそこお手軽に作れる。さあやってみよう。

 

この記事自体をだれも読んでないとは思ってないぞ。「全然更新してないなどうなってんだよ」と思ってここに来たあなたも含めた、すべての人に呼び掛けたい。

計算ドリル作ってみないか?

君もやってみないか

こういうサイト何年かやってんだけどね、同種の他のサイトさんってあんまり増えてない気がするんだよね。

原因はよくわかる。めんどくさい割りに儲からないからな。更新ストップしてるサイト結構あるでしょう。たぶんそんなとこ。

といっても、アドセンスなかったら俺の貯金がいまより3分の1少なくなってるレベルだから、生活は無理でも足しにはなるって感じだよ。

なにより、計算ドリルは腐らないのがいい。作っただけ積み重なるのがいい。

そういうわけで、こういうジャンルのサイトに興味ある人はぜひやってみてほしい。くそまじめだしコンテンツ増やしやすいから、アドセンスの審査は通りやすいんじゃないかと思うぞ。俺のは厳しくない頃に通ったので保証はできないけど。

かつての俺のように、「こんなプリント自分でも作れる」って思ったら今すぐ始めよう。TeXならただで手に入るし、配るサイトも無料ブログで十分。あちこちリンク張ってあれこれコメントつけてキュレーションサイト気取ってるよりずっと面白いはずだよ。いっけねまた悪口書いちゃったぜ。

そうやって、センター試験の数値変更問題を作ってくれ。俺が今一番欲しいのはそれ。俺も今取り組んではいるが、やっぱデザインも似せたいじゃん。結局そこなんだよね、めんどくさいのは。まあこの話はここまでにしよう。

 

 

選挙の時に、国会の定数とかのプリントを公開停止にしてたの思い出して、プリント教材も扱う情報によっては腐るんだなあと思ったので書いてみました。

終わり。

8時前ギリギリに行く

投票行ったんですよ。いつも通り夜7時半すぎてからね。

投票箱にさ、「ピンクの用紙をこちらへ」みたいに書いてあったんだけど、俺がもらったのは白いの。どう見ても白。

近くに座ってた人に聞いたら、それでいいらしい。よくわからないんだが。白とピンクの区別がつかないやつの言うことなんか信じられないけど、とりあえずそこに投票した。

雨の日は投票率下がるっていうけど、その分俺の一票の価値がアップするってことなので、これからも毎回散歩がてらに行ってこようと思う。

計画の一部

今、サイト作り直しています。

形はもうできたけど、内容も一新しようと思います。もっと系統だった感じにします。それと、日替わりか週替わりで数字やパターンが変わる仕組みも考えています。

あとはこっちの話だけど、アップロードの順番待ちを作って勝手に1日1個ずつ更新していく仕組みとかね。

足し算から作り直していくとどれくらいかかるかな。以前よりは生産性上がってるから、さすがに1年2年かかることはないと思う。

 

統一感

あちこちに手を出すよりはひたすら足し算のドリル作るほうがいいのかな。

自分のサイトの概要書こうと思ったんだけど、なんかまとまりがない。

いちおう、自分の中で譲れないのは、問題の大量生産ってとこなんだよな。

それ以外は別に何でもいいからこんなことなってんだろうな。

初期には駅名暗記とか特攻野郎Aチームのサブタイトル暗記とかめちゃくちゃなの作ってたしな。

Aチーム大好き超おもしれえ。リメイクの映画版はいまいちだったが。フェイスマンはもうちょい情けない雰囲気ないとだめだぞ。単なるイケメンじゃなくて、どこか残念な感じがないとだめだ。調達係としてこき使われてる感じを出すべきだ。コングも、その辺のものぶっ壊したりうなったりしそうな雰囲気ないとだめだぞ。たしかに強そうだけどめっちゃいい奴そうだったな。大佐とモンキーはまああんな感じかな。

何の話だったっけ。やっぱり統一感ないな。おわる。

これはもしや

検索ワードに過不足算 かみのドリルってあったので、これはもしやリクエスト的なやつかな?

過不足算作ったことないからね。俺もあの問題好きだよ。いったん配ったアメを取り上げるあたりが特にお気に入り。

前向きに善処します。

解説っていうけどな

難系って物理の本、大好きなんだけど割と評判わかれるのね。解説ないからダメだって意見もあるみたいだ。とはいっても、例題には簡単な説明はあるから十分だったよ。ごちゃごちゃうるさくなくてそこがよかった。答えが違ったりでなかったりしたとき、結論・結果だけ見て再度あれこれやってみるのは勉強になると思うよ。

解説熟読系のやり方で結果いまいちな人は思い切ってそういうことやってみてよ。とくにノートびっしり取るタイプの人。いつまでたっても自分で座標とったり向き決めたりできない人。いるでしょ?もちろん難系でそれやれって意味じゃないぞ。今使ってるその本でだ。

で、なんでいきなりこれ書いたかっていうと、もちろん2個前の投稿にあるような、「同業と、指導法・勉強法・おすすめの参考書バトル」したいからじゃないよ。そうじゃなくて、俺の作って配ってる計算ドリルは基本的に解答しかつけてないんだけど、まあ、ドリルってのはそういうもんだからってことが言いたい。決して、決して、解説作るのがめんどいとか力尽きたとかじゃないんだってこと。ほんとだよ。