かみのドリル

25703

大きな数の読み方のドリル

概要

大きな数の読みを書いたり、読みから数字に戻したりする練習です。

経過

兆までのドリルを追加しました。億までとくらべて、0を少なくしたので解答が長くなりました。やり方は同じです。仕上げに。

PDF

補足

ドリルの解説部分でも断ってありますが、どの位にあっても、千の前には一をつけない書き方で表しています。4個ずつ区切る上で、百と十には一はつかないのに(いっぴゃくとかいちじゅうとか普通は言いませんね)、千だけついたりつかなかったりするのはややこしいので統一しました。おそらく教科書もそうなっていると思います。

実際には、いっせんまん、いっせんおく、などのように、(語感のため?)一をつけて読むこともよくあります。

続編

小学2年で、10000までの数を扱う単元があるようなので、それを追加する予定です。